08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

実況中継 


まずは伊藤の打席から…

●NHKテレビの場合
広坂アナ:「満塁!四点差、九回表2アウト満塁でバッターは
      ピッチャーの伊藤。」
後藤さん:「よくここまでねぇ。ランナーを溜めた。
      ま、皆さんの中にねぇ、
      ホームランで同点というねぇ、ケースもありますしねぇ。
      ま、そういうことはねぇ、
      不可能ではないような状況になりましたよ。」
広坂アナ:「真っ青な空、風は今、
      ホームプレートからセンター、あるいは左から右。
      一発出れば同点です。
      初球はボール。
      伊藤、伊藤の大コール!
      0-2!ちょっと場内が異様な雰囲気になってきました。
      (伊藤、3球目を打つ)
      三遊間~、三塁ランナーホームイン、
      二塁ランナーも三塁を回るぅ!
      バックホームはぁ?セイフゥ~!
      また二点を追加、二点差!二点差!伊藤が打ちました。
      10対8でなお2アウトランナー二塁一塁!」
後藤さん:「いやぁ、よく打ちましたよ、0-2からねぇ。」
広坂アナ:「もの凄い粘り。」
後藤さん:「いやぁ、レフトもいいボール投げたんですけどもねぇ。」
広坂アナ:「中京のこのぉ、中継プレーにも無駄はありませんでした。」

●NHKラジオの場合
田中アナ:「2アウト満塁!
      そしてバッターは背番号1番が今、陽射しを受けて
      左手に持った黒の金属バット、
      両手で持って軽く一回振りました。
      新潟、日本文理高校、エースの伊藤です。」
長野さん:「そうですね。
      あの~、センターに大きな飛球も打ってますしね。
      レフト側に打ってるボールもタイミングはよく捕えてますからね。
      非常に気を付けたいバッターですね。
      ただ伊藤君としては
      どんどんつないでいくようなバッティングをしたいですよ。」
田中アナ:「もちろんホームランが出れば一気に同点という場面ですが、
      それよりもまず新潟の日本文理としては
      まだまだこの夏を続けていきたい。
      あとにあとに打順を続けていきたいところです。
      第1球を投げた、スライダー外角はずれてボール、0-1。
      まだまだ日本文理の夏は終わりません。
      得点は10対6、九回の表、愛知の中京大中京、リードは四点です。
      第2球を投げた、大歓声の中、インコース、ボール、2-2。
      (正しくは0-2:管理者注)
      銀傘の下にこもるような大歓声。
      いやぁ、長野さん、今日こんな大歓声あったでしょうか?」
長野さん:「ないですねぇ。もう球場一体になってねぇ…」
      (伊藤、3球目を打つ)
田中アナ:「3球目、打ったぁ~、三遊間、抜けたぁ~。
      レフト前のヒット、一人還って10対7、もう一人還ってくる。
      バックホームは?バウンドした、タッチは?セーフー!
      10対8になりましたぁ。
      ランナー二人ホームイン、10対8、二点差!
      まだまだわかりません、
      2アウトランナーなしからつながった日本文理の打線。
      四死球3つもありましたがヒットも3本、
      そしてこれでまた打順がつながりました。」
長野さん:「はい、素晴らしいですねぇ。」
田中アナ:「見事な粘りです。」

●朝日放送の場合
小縣アナ:「まだ試合は終わらない、フォアボール、
      いよいよ2アウトフルベース、
      一発同点の場面が出来上がりました。
      騒然としてきました甲子園球場。
      ようやくキャッチャー磯村が森本の所に行きました。」
吉田監督:「通常では考えられない展開ですね。
      ホント色んな思いがこの試合に伝わってますね。」
小縣アナ:「また打席が巡ってきました伊藤直輝。
      今度は甲子園の大歓声を味方に完全につけている
      日本文理の攻撃です。
      (伊藤、3球目を打つ)
      破ったぁ~、またつないだ。
      一人ホームイン、そして二人目もホームイ~ン!
      つないだ、つないだ、日本文理の夏はまだ終わらな~い!
      10対8、六点差が二点差に変わりました。
      何と表現していいのかわからない
      日本文理の最後の最後の凄い粘りだぁ~っ!
      ギリギリのプレーでした。よく還ってきました。」

伊藤コールに実況をかぶせることなく、
そのままの球場の音声を聞かせてくれた朝日放送のスタッフの方、ありがとう!
数えてみると伊藤の名は少なくとも20回はコールされています。


今度は代打石塚の打席…

●NHKテレビの場合
広坂アナ:「抜いたぁ、三遊間。レフトは深かった。
      二塁ランナーは三塁を、
      あっ、レフトが落としている、落としている、落としている、
      一点差ぁ~~~!
      土壇場一点差!もの凄い粘り、信じ難い集中力。」
後藤さん:「いやぁ、よく打ちましたねぇ。チェンジアップですよ。
      あれだけねまっすぐで押してきた、
      そこへチェンジアップをねぇ、初球から打っていく。」

●NHKラジオの場合
田中アナ:「打った、これもつながった、レフト前ヒット。
      二塁ランナーは三塁を回ってホームに還ってくる。
      レフト、ボールを後ろにそらしてしまった。
      今、ホームイン、10対9。
      一塁ランナー、三塁へ~~~。
      10対9、一点差ぁ~!
      本当にわからなくなってきたぁ。
      見事!新潟の日本文理、9回の表、一気に五点、
      しかも2アウトランナーなしから。
      今、内野のスタンドを見ると、
      もう目頭を押さえているようなファンの方もいます。
      そのぐらい見事な戦い。」
長野さん:「感動を呼べるような攻撃ですよね。」

●朝日放送の場合
小縣アナ:「これもヒットになる。
      二塁ランナーは三塁キャンバスを回った、回った、
      還ってきたぁ~、一点差ぁ~~~!!!(声がひっくり返る)
      日本文理、いよいよ一点差。
      代打石塚、タイムリーヒット。
      とんでもないことが起こっている甲子園球場
      九回表五点取って一点差 10対9!
吉田監督:「これあの2アウトランナーなしからじゃないですか?」
小縣アナ:「そうです、そうなんです。
      もうこうなると本当に試合はわからなくなってきました。
      2アウトランナーなしのあの切手のフォアボールからです。」
渡辺監督:「考えられないですね。ただ本当に可能性はあるわけですよ、ねぇ。
      これ高校野球の素晴らしさですね。」
     (渡辺監督のこの言葉、説得力が違います!:管理者注)


91回大会新聞記事
■朝日新聞


そして若林の打席からゲームまで

●NHKテレビの場合
広坂アナ:「六点のリードがあった中京大中京。
      リードは一点になりました。
      なお2アウト一塁三塁で、この三塁ランナーが還れば土壇場同点。
      八番キャッチャー若林。」
後藤さん:「いやぁ、ここは森本君もねぇ、
      非常にこう、難しい場面なんですけどもねぇ。
      これはもう気持ちの問題、気迫の問題ですよぉ。
      攻めるしかありません、ここは。」
広坂アナ:「中京大中京はあとアウトひとつで日本一、それが遠い。」
      (若林、2球目を打つ)
広坂アナ:「いい当たりだぁ~、サードライナー!試合終了!
      愛知、中京大中京は43年振りの全国制覇。
      しかし…凄まじいばかりの粘りをみせました、新潟、日本文理。
      …
      鳴り止まない場内の拍手。」

●NHKラジオの場合
田中アナ:「正に割れるような大歓声の中、打者一巡、
      八番のキャッチャー若林。
      この回、二度目のボックス。
      10対9、一点差。
      一球目を投げた、低目の球、ボール、ワンバウンド。
      まだ2アウトランナー一塁三塁。
      10対9、一点差、
      ここはもうバッテリーにミスがあっても同点という場面です。」
長野さん:「そうですねぇ。
      ピッチャーの森本君とするとね、
      ピンチで出てきて一点差までくるとね、
      非常にプレッシャーがかかりますよね。」
田中アナ:「若林は今日、ヒットが1本あります。
      1ボール、第2球を投げた。
      (若林、2球目を打つ)
      直球、打った!、サードライナー!3アウト、いい当たりでした。
      掴みました、3アウト、試合終了!10対9!
      中京大中京、逃げ切っての優勝!
      新潟の日本文理、見事な九回表の粘り、五点を奪って10対9!
      一点差で逃げ切った愛知の中京大中京。
      実に43年振り、七回目の全国制覇。
      素晴らしいゲームの末に中京大中京がその栄冠を勝ち取りました。
      両チームの選手が抱き合っています。
      純白のユニフォームがフェアグランドで交差して、
      そこからそれぞれの方向に。
      勝った中京大中京はホームベースの後ろに残り、
      日本文理の選手、まだ握手をしながら、
      ようやく中京大中京の選手整列。
      素晴らしいゲームでした!」

●朝日放送の場合
小縣アナ:「三塁ランナー伊藤が還れば同点です。
      打席に八番の若林です。この若林からの九回は攻撃でした。」
渡辺監督:「凄い試合になりましたねぇ~。」
小縣アナ:「もう堂林はもうライトから声を出すしかありません。
      苦しい苦しい二年生森本隼平のマウンド、
      あとアウトひとつ、ストライクひとつが取れません。
      (若林、2球目を打つ)
      サードライナーで試合が終わりましたぁ~!」
渡辺監督、吉田監督:「うぅぅ~っ」
小縣アナ:「壮絶な決勝戦、愛知の名門、中京大中京、43年振りの全国制覇!
      豪打と伝統の堅い守りで甲子園の歴史に燦然と輝く
      史上最多七度目の優勝は苦しみながら掴んだ勝利です。
      最後の1アウト、最後の1ストライク、
      本当にわからないゲーム展開でした。
      エース同士が健闘を称え合います。
      10対9、中京大中京が日本文理を下した壮絶な決勝戦でした!
      初優勝を狙った日本文理、戦いには敗れました。
      あと一歩及びませんでしたが、県勢初の決勝進出、
      これも新潟の新たな歴史を甲子園に刻み込みました!」



テーマ: 高校野球

ジャンル: スポーツ

[edit]

« 両チーム試合後の一言  |  新潟大会 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://koshien20090824.blog.fc2.com/tb.php/9-ed42d48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在閲覧中

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

リンク

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム